親日称賛禁止法が決まれば断交断行するしかない

韓国国会の総選挙で文在寅政権の与党である「共に民主党」系はで300ある議席のうち180議席を獲得し圧倒的勝利をおさめました。

そこで出てきたのが

親日称賛禁止法 という恐ろしい法律の案です。そしてそれは成立目前です。以下は韓国側のソースです。

http://www.mokposm.co.kr/news/articleView.html?idxno=23143

この恐ろしい法律ですが簡単にいうと

日本統治時代に対して事実と異なる主張をしたり事実を歪曲したりすれば処罰されるという法案です、例えば、慰安婦と徴用工などについて韓国政府が考えている以外の事実を歪曲・美化・鼓舞または宣伝する者には、

●2年以下の懲役

●2000万ウォン以下の罰金

しかもネットなどで情報を出している場合に、削除命令に従わなければ

最大650億ウォンもの罰金です。

そして保守的なTVチャンネルのいくつかの廃局を求める運動まで起きている状況です。

この法令を考えると

日本を褒める

日本を擁護する

そういった行為をすることが犯罪行為になります。

国が伝えること以外の情報を発信すると罰金、逮捕されるわけです。イメージ的には戦時中の日本で戦争に反対すると村八分、逮捕されるような感じです。

そんな状況では正直まともな外交も無理です。

●今の政権を攻撃するメディア

●何故か政権を批判するだけの一部の野党

●外国人参政権を認めて外国人に都合のいい法律を作ろうとする政党

●どう見てもK国の工作員としか思えない一部議員や一部メディア

●養子縁組制度を利用して日本国籍を手に入れ反日活動を行う議員

今の現状でもあまりにも不思議な状況なんです。国会を見ててもおかしいと思いませんか?

親日称賛禁止法が決まれば韓国とは断交することが一番の道だと思います。

※補足 新型コロナウイルス対策として有効とされるアビガンも韓国側がアンチ活動を行っているので、今後韓国がアビガンを求めてきても韓国に提供する必要はないと思いますし、もしも提供しようとする議員がいるのならばその議員の今までの活動を調べてみることをおススメします。だって治験段階のアビガンで副作用が起きた場合、永久に損害賠償を求められるかもしれませんし、それによって完治した韓国人がアビガンを称賛するだけで逮捕される可能性があるので韓国への輸出や提供は危険しかありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする