ある意味で日本人からの支持率ナンバーワン文在寅大統領

今までは韓国が世界に対するロビー活動のおかげで何をしても日本が過去の清算をしていないからだという風潮が世界の一部では溢れていたようです。

しかし韓国で文在寅さんが大統領になり大きく事態が変わってきたような気がします。

反日を使い支持率を上げ、支持率に陰りが出るとさらに反日

レーダー問題から日本国内の世論が韓国に悪感情を抱いている時にも強気な発言と行動。正直かなりの日本人がうんざりしていたと思います。そんな中でさらに徴用工の件。韓国の裁判所がこういった判決を出したんで賠償の責任を果たしてね。過去の合意も関係ないから!

そして疑わしい事例に対して日本が韓国に対してホワイト国外し(輸出優遇措置撤廃)をするとなりふり構わない非難、韓国いじめと日本が悪いの大合唱!

正直、個人的には「おいマジか。なりふりかまわないな!」

と思っていたんですが

GSOMIA(軍事情報包括保護協定)の継続を盾にホワイト国にもどして輸出優遇国への復帰を求める外交!GSOMIAは日本だけでなく米国を巻き込んで影響することは避けられず、米国からも破棄に関する圧力をかけられているにもかかわらず思い通りにならなかったので
まさかのGSOMIA破棄
マジであり得ないでしょ!日本側としても「まさかそんな馬鹿なことはしないだろ」なんて思っている人が多くいたので日本に衝撃が走りました。破棄されたことに対する怒りとかではなくてこの後の交渉や駆け引きを考えた時にGSOMINAは継続しておくのが必須だったと思うんですが破棄。あまりのセオリー無視に日本が困ったのではなく意外性にびっくり!
破棄したことにより、当然のことながら米国からの避難や批判が殺到。当たり前ですが…
韓国が非難される状態になってくると
そうすると破棄の原因は日本のせい。日本が悪いニダーと騒ぐ始末
なんでこんな支離滅裂な外交かつ世界に韓国がしてきたことがバレるようなことを最近してきているのかと考えてみると一つの可能性が出てきたのかなと思います。
文在寅大統領の望みは北と南の統一?
となれば方法としては韓国を世界から孤立させて北朝鮮と組むことで南北の統一を図る。その場合に在寅大統領は北朝鮮主導の統一を望んでいるんじゃないかと個人的に感じています。
特にそう感じるのは、文在寅政権発足後に、最近判明したのだが韓国領土のハンバク島に北朝鮮が軍事施設を作っていた。しかもこの島は黄海にある金浦空港からほど近い小さい島
こういったことを考えると文在寅大統領のこれからの政策としては世界から孤立し、米国からも睨まれることで行き場がなくなり北朝鮮と力を合わせよう、統一しようという思惑があるんじゃないかと感じてしまう。
過去には北朝鮮軍は38度線を越えて韓国攻撃を開始し、28日にはソウルを陥落、またたく間に韓国軍を釜山まで追い込んだ。そういった事があっても北朝鮮を信じて韓国(南朝鮮)は北朝鮮との合流を望むのなら不思議でしょうがない。
#嫌韓
#反日
#GSOMIA破棄
#文在寅

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする